山口県下関市の女性税理士村田鮎子のブログです。

menu

税理士あゆのnaturalでwomanな日々

講演終了~へそくりにも税金??~

先日アナウンスさせていただきました、アイユウ第9回地域講座『相続って、なんもせんかったら後悔するんよ(←下関弁です)』、無事終了いたしました~。


 

 

 

 

(最後の質問コーナーを講師3人で)

久しぶりの講演でしたが、お客さまがとっても!熱心かつ和やかに聴いて下さいまして、講師としては一番話しやすい雰囲気のなか、気持ち良く話すことができました。講師を経験したことある方は分かると思いますが、聴き手の反応ってビンビンに伝わって来るんですよね~。反応が悪いと講義自体にも悪影響が出ちゃいます。ヤル気がなくなるとかでは当然ないですけど、調子が狂っちゃうんですよね。どんなときでも同じクオリティを保たなきゃ駄目なんですけど、そこはやっぱりこちらも人間ですからねえ。。今回のお客さまには本当に感謝!です。

そんなわけでノリノリでしゃべらせていただいたんですが、終わった後のアンケートでは、やはり「難しかった」との意見が多数…。おお、自己満足だったか(-“-)なんせ一時間という短さで、相続税・贈与税の基礎を話さなきゃならないってんで、詰め込み・駆け足。もうちょっと的を絞ってゆっくりお話しすれば良かったですね~~。税金の話って間違えて理解するととんでもないことになるんで、あれも話しておかなきゃ、これも話しておかなきゃってなりがちですが、バッサリ切り捨てる勇気も必要ですな。

 

色々お話させていただきましたが、みなさんの食いつきが良かったのは

「へそくり」

の話。へそくりは税務上どのように扱われるのか??てか、そもそも

「へそくると税金はかかるのか?」

って話ですよね~。気になるでしょ。気になりますよね~。会場のみなさまの目がキラーンと光ったのを私は見逃しませんでしたよ!

私が上手にやりくりして貯めたんだもん、私のモノでしょ?

だいたい、夫婦なんだから、旦那のモノは私のモノ。

(私のモノは私のモノだけど)

って世の奥様方は思ってらっしゃいますよね。でも税務の世界は厳しいんです。んじゃ、どうなるのか?なんとなく「贈与」かなって気がしますね。でも。ネットなどでは贈与ですって解説してるのもありますが、これは基本的に贈与ではないです。贈与は「あげる」「もらう」が当事者間で成立していることが必要です。しかしへそくりには「あげる」がない。旦那さんは生活費のつもりで渡してるんですからね~。もちろん個別の事情を勘案しての判断になりますので絶対とは言えませんが。では何かといいますとこれは「名義預金」ですね。奥さんの名義になってるけど実質的には夫の財産ってやつです。夫が亡くなった時に相続税の対象になります。贈与だったら年間110万円の基礎控除がありますからこれ以内だったら申告も必要ないし税金も発生しないんですけどね。あと贈与税の時効は6年(悪質な場合7年)だから、万が一、年間110万円以上へそくっていてもそれ以前の分は時効になっちゃう。でも相続税の対象であるとすれば110万円の基礎控除はないし、贈与の時効も関係ないから、結婚してからの分、まるっと相続税の対象。もちろん相続税の基礎控除は大きく、そもそもへそくりが相続税の対象となっても痛くも痒くもない方が多いでしょうけど、相続税の申告をしなければならないような人にとってはへそくりも申告しなければ申告漏れとなり、罰金等も払わなければならなくなるので要注意です!(共働きなどで奥さんにも収入がある場合は適用が違ってくる場合があります)

こんな感じで自分に身近な内容がたくさんだと、税金の話も面白いんでしょうけどね。

 

今回の講座は下関長府で高齢者向けに介護、リハビリ、住居などのサービスを手広くやってる老人保健施設アイユウさんの主催とあって、人生の大先輩であるお姉さま方中心のご参加でした(へそくりの話は当初する予定なかったんですが、会場行ったら女性ばかりだったので入れちゃいました)。アイユウさんは自社を利用してる人のみならず、地域の方々へのサービスとして、いろんなイベントを開催してるみたいですね(アイユウさんのHPはコチラ)。この地域講座も「高齢者が知っておきたい法律知識」ということで前年度は全8回、家族が認知症になったら?自分が認知症になったら?家族のお墓をどうする?など誰もが知りたい興味深いテーマで毎月開催されていたようです。私も開業当初は積極的に講演・セミナーをやっていました。正直、これは名前と顔を売るため。つまり宣伝行為です。なのでそれなりに知名度が上がってくるにつれ、やらなくなってしまったんですが(苦笑)まあ、自分のことで一杯一杯。でも、こんなアットホームで地域密着の講演をさせていただくと、自分も何か地域に貢献できることをやってみたいなぁと思うように。開業6年目に突入してそれなりに足元が固まってきたので、生まれ育って商売もさせていただいているこの地に恩返ししなければなぁという気持ちも生まれてきました。というわけで、下関で営利目的ではないセミナーを開くので税金の話をしてほしい、というご要望がありましたら是非お声掛けください。もちろん無償で引き受けます(笑)

ちなみに今回お声掛けいただいた老人保健施設アイユウ施設長松永氏は私が所属する下関YEG(商工会議所青年部)の仲間です。第一回~八回と今回の第一部、三部を担当された弁護士の秋森先生、片山先生も同じくYEGの仲間。ご縁に感謝でした!!

 

※今回使用の写真は松永施設長からいただきました~、何から何までありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

関連記事

about me

本州の西の端、山口県下関市で税理士事務所を経営してます、税理士兼ダンサー見習い??の村田鮎子です。詳しくは画像をクリックして自己紹介のページをご覧ください。

2019年9月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930