山口県下関市の女性税理士村田鮎子のブログです。

menu

税理士あゆのnaturalでwomanな日々

山陰旅行記その3

さてさて、旅行記もその3
まだまだあるべー

今回は★野リゾートごはん編

その前に、大浴場に用意された日本酒でいい感じにほんわかーー
添えられたおちょこじゃまどろっこしいと、
お水用の紙コップでグイグイいただきましたー(´艸`*)

広い露天風呂で一杯やりながらは抜群の解放感で最高っすね

そして夕食

お部屋ではなくダイニングでいただきます

どうやらおひとりさまは私だけだったらしく
宿の方も気を遣ってか、夜も朝も一番眺めの良い席を用意してくださいました。感謝

そして料理は、
鬼海老としじみ牛しゃぶしゃぶが味わえる特別会席を予約しといた。
贅沢するときはとことん贅沢に!がモットー
その分、普段は質素ですが…
ハレの日ケの日!!

いきなり鬼海老登場!

山陰の名物ですが、すんごい希少で「幻のエビ」と言われるらしいです
海老好きの私も食べるのは初めて
すごーく甘くてぷりぷりで幸せ
オリーブオイルで食べるというのも新鮮な発見

お酒はモエのロゼのハーフをチョイス

繊細な和食にはシャンパンがピッタリが持論。
翌日、パラグライダーをするんですが
相当体力つかうから、飲み過ぎ・睡眠不足厳禁!!ということなので
大人しくハーフにしときました。
ハーフはモエのロゼしかなくって…もうちょっと品揃えが豊富だと嬉しかったかな
(普通のブリュットで良かったんだけど…ロゼは口当たり甘いし)

彩りもきれいで上品な品々
眼福口福やわー(´▽`)
メニューはこちらでした
しじみ牛しゃぶしゃぶ!
しじみで取った濃厚なお出汁で
島根和牛とお野菜をいただきます(野菜撮る前に芽キャベツを鍋に放り込んでしまった)

お酒はここから日本酒に(竹筒形のやつがお酒)
↑ 結局飲むんかい
地酒をいただきました(銘柄失念)

いやね、やっぱりひとり客って旅館側からしたらコスパ悪いだろって思うんですよ…

そこを敢えて一人旅プランを設けてる「★野リゾート」さんは有難いんですが、
だからこそ、せめてお酒など追加料金になるものは、2人分はクリアしようと思ってしまいます。
↑ いっぱい食べて飲む言い訳w

最後は雑炊で〆
牛が入った後なのでどうなの?と思いましたが、しつこくも脂っぽくもなくいいお味に
しじみ出汁がやっぱり旨いーー

デザートは5種の内から1つ選びます
春っぽいのにした

地域性が色濃く出たお料理の数々で大満足でした
さすが「★野リゾート」さん
単に美味しいものならどこででも食べられるからねぇ
やっぱり旅先では地元ならではの料理をいただきたい
今度はカニの時期に是非!
↑ カニから離れろ

夕食後はお部屋のお風呂を楽しんで

そのあとまた大浴場
またしても誰もいなかった
すっかり日も落ちて、まさに月見酒が楽しめましたよーー

ロビーで舞楽も開催されたので観覧
風雅な夜ですね

演者の方はお面を取ったら、何と外国人スタッフさん!

うーん、こういうとこにも日本的なるものを日本の中だけに留まらせないメッセージを感じます。

そして朝食
朝から…と、恥を忍びつつ…白ワイン注文(^◇^)
島根ワインです
日本のワインってライトな感じ?と思っていましたが
結構スモーキーなしっかりした味わいでした
島根ワイナリーにも行きたかったけど時間なかったし。ここで堪能

朝はどうも食欲がない私だけど、旅館の朝食って不思議と食べられちゃうのよね
しじみの味噌汁はおかわり
美味しゅうございました

もう少しゆっくりしたい気持ちはあったものの
鳥取まで移動しなければならないので
ひとっ風呂浴びてから、9時にはチェックアウト
寂しい。。。

玉造温泉、さよなら

次回、感動のフィナーレっ←?

つづく

 

関連記事

about me

本州の西の端、山口県下関市で税理士事務所を経営してます、税理士兼ダンサー見習い??の村田鮎子です。詳しくは画像をクリックして自己紹介のページをご覧ください。

2019年8月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031