山口県下関市の女性税理士村田鮎子のブログです。

menu

税理士あゆのnaturalでwomanな日々

京都旅行記その4~茶道の聖地で国宝三昧

こんばんはー

需要があるのか分からない旅行記もついにフィナーレ
↑ ブログに残しとかないと忘れてまう

銀閣寺の通りの食事処でアルコールとスイーツでエネルギーチャージした後は…

大徳寺聚光院の特別拝観!

京都の寺院ってのは普段公開されてないところがたくさんあって、それが期間限定で公開されてたりするんですよね
なので、ちょうど日程的に特別拝観できるところはないか調べて。

ここはそこそこ定期的に開催される特別拝観とは違い、創建450年を記念しての本当に特別な公開
次はいつ見られるのか分からないんだそうな
超ラッキー

んなわけで、12時40分からの部を予約してました

何が見られるかって…?

天才狩野永徳(とその父松栄)の障壁画がなんと46面も!アノ『花鳥図』も見られるのです

その他、茶室「閑隠席」「枡床席」や(聚光院は千利休の菩提寺で茶道三千家の歴代の墓所ともなっている茶道の聖地)
永徳の下絵・千利休の作庭とされる方丈庭園「百積庭」
そして新しい書院の完成に合わせて奉納された、日本画家千住博画伯の襖絵『滝』も初めての一般公開!!

いやもう豪華すぎて鼻血出そうです…

残念ながら、当然写真撮影は不可、荷物も全部預けるという物々しい雰囲気の中、約15名一組で院内を一周し、ガイドさんの説明をしっかりと聞きました
この床も重要文化財ですからねー、文化財を踏みながらお進みくださいとか言われて面白いやら恐れ多いやら。
間近で国宝もたくさん見られたし、予約しておいてよかった…
感動ですよね
しかし、永徳ってのは当時若干24歳
早熟な才能やな…確かに筆致に躍動感っつーか伸び伸びと大胆で、いかにも若くて恐れを知らぬ天才って感じの絵なのよね
ガイドさんの解説で天才過ぎる子を持った父松栄の複雑な気持ちとか新たに絵を書くことになった千住画伯の苦悩とか教えていただいて興味深かった…天才ってのは罪つくりやね

その後は大徳寺山内の他の寺院も巡ったり…
侘び寂びの世界なんですかねー、枯山水多い。それぞれ表情が違って面白いです

大徳寺は山門も立派でした。ド迫力ーー

そして目指すは金閣寺!

大徳寺からは結構近い。市バスで4つ目くらいだったかな?歩こうと思えば歩ける距離かもですが、ちょうどいい具合にバスが来たのでバス移動

これまた銀閣寺と同じくすごい観光客!特に外国人観光客が多い様子

初めて見た金閣…

ほんとに金ぴか…(゜-゜)

渋い金とかじゃなくて金ぴかです
良くも悪くもものすごい存在感

どっから見ても金ぴか。笑

銀閣が周囲の庭などと調和してひとつの世界をつくりだしてるのに対して、金閣は周り全てが引き立て役、そんな感じです
池に映る様はなかなか!!
雪が積もってたら金と白のコントラストでぞっとするほど美しいでしょう(ところどころ雪が残ってましたが)

他の観光客の足並みに合わせてぐるっと一周


これが義満公の手洗いの水とか…権力者ってヤツは…笑

残す目的地は龍安寺
少し時間に余裕があったので金閣寺内でお抹茶をいただきました

お菓子、よく見ると金閣寺の模様と金箔が乗っています。ここでしか手に入らないらしい

レアなものいただけて、ここでもラッキーでした

その後、一文字写経というのもしました

最後に目指すは龍安寺!石庭で有名なお寺ですねー(てか、石庭以外何も知らないぞ)

金閣寺からは約1.5km程度ということで、また歩く歩く!
途中分かれ道でどちらに進んでいいのか分からなかったので地元の方に道を尋ねましたが「結構歩きますよ…」と心配されてしまいました。苦笑
↑ 京都の方って地元以外の方に冷たいイメージがあったんですが、みんな親切だったわ

金閣寺~龍安寺~仁和寺の道はきぬかけの路と言われてるらしいです
特になんてことない道でしたが
↑ おい

歩いて歩いてようやく龍安寺到着。一日中歩いたのでもうクタクタです

しかもやや雨が降り出しました(小雨ですが)

どうしても見てみたかった龍安寺の石庭!!
(ここは結構雪が残ってますね)

確かに15個の石はどこから見ても全部見ることはできません。どういうメッセージなのかな?興味深いです
ただ、どうも私は石庭などの枯山水系とは波長が合わないらしく、イマイチ没頭することは出来ずしまい…水があるほうがええよ

うーーん、もうちょい年取ってから来たらまた感想も違うのでしょうか??

頑張れば仁和寺もまだ拝観可能時間に間に合いそうな時間でしたが、もう疲れたし、雨もひどくなると嫌だし、
とりあえず当初の目的地にはすべて行けたのでここで観光はお終い!!

いやーー、廻った廻った

このプランを京都に行ったことがある方々に話すと一様に無謀だからやめとけって言われたんですけどね、計画とおり。

大満足して一路、京都駅へ
伊勢丹で京都食材のお土産たんまり買い込み、

最終の新幹線までの時間で伊勢丹内の豆腐・湯葉料理専門店へ

ゆばづくしのコースをいただいてお腹も満足満足♫

実質的にたったの1日半の京都でしたが、観光もグルメも相当満喫しました
またしてもひとりでしたが、相手に気兼ねせず自由に動き回れるので無謀ともいえるプランもコンプリート
↑ いや、寝坊して座禅に行けんかったけど

次来るときはこんな駆け足じゃなくてゆっくり観光したいな。仕事ついでじゃなくてプライベートで。
嵐山がいいですね、やっぱり。無鄰菴にももう一回、あとは美術館とか博物館にも行きたい。器のお店にも行きたいな。
宿は星のやか俵屋がいいかなーー…
妄想が膨らみます♫

来年も行くど~~!

 

 

関連記事

about me

本州の西の端、山口県下関市で税理士事務所を経営してます、税理士兼ダンサー見習い??の村田鮎子です。詳しくは画像をクリックして自己紹介のページをご覧ください。

2019年4月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930