山口県下関市の女性税理士村田鮎子のブログです。

menu

税理士あゆのnaturalでwomanな日々

京都旅行記その3~ひたすら歩いた!南禅寺→銀閣寺

こんばんはーー

旅行記もその3。まだまだ続きます

さて、瓢亭で朝がゆ食べて、無鄰菴を優雅に鑑賞後は南禅寺
歩いて5分程度です

入っていくと三門。日本三大門のひとつです

法堂

ドラマでお馴染み水路閣

南禅院は私ひとり!


まだ早い時間だったから雪がかなり残っていて風情あります
ここもかなりのお気に入りスポット

もう一回三門に戻って…上層「五鳳楼」に登ります
↑ 階段が恐ろしいほど急でお子様やお年寄りは無理では?と思われる。キ、、、キツイ
内部は撮影禁止ですが、眼下には…
ワオ!!
ちなみに歌舞伎「楼門五三桐」の石川五右衛門の有名な台詞、「絶景かな、絶景かな」はここから発せられた台詞です
確かに絶景♫

まだ早い時間だったからか、金閣銀閣あたりに比べると観光客は少なくゆったりと見れたねーー
広い山内だからお手入れをしてるスタッフの方のほうが多かったくらい。維持管理、大変だろうな…

かなり広いので山内を回るだけでも結構歩きますよ

しかし、ここから哲学の道を通って銀閣寺まで行くのじゃ!!

哲学の道に入る前に永観堂があります
時間があったら立ち寄ろう、くらいの予定でしたが、やたらとテンション上がってる私は時間が押してるにも関わらずやっぱり拝観

中は全面的に撮影禁止だったので写真はないのですが
「みかえり阿弥陀」という、左を向いて見返りしているような珍しい阿弥陀さまがいて、結構至近距離で見られます
作者はどういう意図でつくったのかな??

あと、水をゆっくり注ぐと琴の音がする石があって、確かに心を凝らして水を注いで耳を澄ますと琴の音がするの
不思議ねーー

もうちょい歩くと哲学の道

おおーー、雰囲気あるわーー

んーー、確かに思索にふけりながらゆっくりと歩きたいね
しかし、私はどんどん歩かないと時間が押してしまうので一心不乱に歩いた。笑
鴨もいるよー。のどかーー

観光客よりも地元の方とおぼしき方たちが散歩したりジョギングしたりの方が多かったです

旅行直前に京都大学出身のS先生たちと会食したんで、京都のおススメスポットとか教えていただいたんですが、
↑ 主にグルメ。笑(時間の関係で行けなかったけど)
学生時代をこんな街で過ごせたら、さぞ感性が磨かれただろうな…
私も京大受ければよかった
↑ 言論の自由。笑笑

途中、逆方向から来た外国人観光客の方に英語で道を尋ねられましてん…
「ゴー、ストレイト?エイカンドー??」って
「イエス、イエ――ス!」
以上、小学生でもわかる英会話デシタ(´ω`*)
私、英語とか全然ダメなんで冷や汗流れました。無事国際交流ができて良かったです
↑ とても京大は受けられないw

哲学の道は結構長い!!(約2㎞)
南禅寺から歩こうとする方は歩きやすい靴必須です

そして…ようやく銀閣寺周辺
今までとは違って、周辺にお土産屋や食べ物屋がたくさん!!ひとも多いのなんの

 

銀閣寺前。
ちょうど人が途切れてシャッターチャンス!

 

そして、教科書?でおなじみの銀閣

想像以上に小さくて地味でした←おい



しかし、庭園との調和は素晴らしくて風流人好みなのも納得

 


順路通りに歩くと、結構高いとこまで登ります
どんだけ歩くんだーー

急げ急げと気がせいていましたが、銀閣寺は思ったよりコンパクトで少し時間に余裕が。
とにかく歩いたのでビールが飲みたくなった…

ので、

近くのお店に入って一服

数量限定の「おこげぜんざい」というのに惹かれたのでそれも(写真無いですが)。
おこげとぜんざいって合います!

観光優先でお昼ごはんは食べない予定だったので、アルコールとスイーツでエネルギーチャージ♫

生き返った!!

さてこの後は、大徳寺聚光院特別拝観を予約していたのでそちらに行き、その後、金閣寺~きぬかけの路~龍安寺です

次回、京都旅行編、いよいよ完結!!

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

about me

本州の西の端、山口県下関市で税理士事務所を経営してます、税理士兼ダンサー見習い??の村田鮎子です。詳しくは画像をクリックして自己紹介のページをご覧ください。

2019年11月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930