山口県下関市の女性税理士村田鮎子のブログです。

menu

税理士あゆのnaturalでwomanな日々

京都旅行記その2~瓢亭の朝がゆと憧れの別荘編

こんばんはー

旅行記は2日目(といっても最終日)

この日は出だしから躓き…
というのも南禅寺で行われる座禅会が第2、4日曜日に行われるということで、
この日はちょうど第4日曜日!絶対参加したいと思っていたのです(予約なしでOK)

冬季は6時半からの開始ということで、そのために前日の懇親会もそこそこに引き上げたのに、
起きたら…6時40分…。
目覚ましをいつもと違う時間にセットし忘れてました
↑ 前日も4時半起きセットで始発の新幹線に乗ったので大丈夫かと思っていましたが、1回限りのセットになってた。泣

む…無念

しかし、8時に予約しておいた瓢亭別館の朝がゆには何とか間に合う!ということで大急ぎで準備

8時ジャストに瓢亭にたどり着けました

瓢亭は南禅寺畔にあるので、南禅寺で座禅~ちょっと散策〜瓢亭で食事~再び南禅寺に戻り拝観…
という完璧なプランのつもりだったんですけどねー。
ただ、着いたときは完全にテンション上がって座禅できなかった無念はすっかり忘れてた
俗物なので座禅より美食のほうが無心になれるのは間違いないっす。笑

瓢亭の朝がゆ…
やっぱりね、別館とはいえあの「瓢亭」
少し緊張してのれんをくぐりました

そしたら、にこやかにどうぞと迎えてくれたお店の方。
一気に緊張がほぐれました。
よろしくお願いします、と言って店の中へ…

お座敷とかの典型的料亭な感じかと思っていましたが、別館はテーブル席。
中庭が眺められるようになっててさすがの風情はあります
カジュアルだけど軽くない落ち着ける空間。
おひとりさまだとこのくらいがちょうどいい感じ

まず出てきたのは
瓢亭玉子つきの八寸と瓢箪型の三段重

有名な瓢亭玉子

白身ぷるぷる、黄身とろとろ
うっすら塩気を感じる絶妙な塩梅。
なんか、黄身にだけ味がついてるような気がするんだけど、黄身部分にだけ塩を「振りかける」という味の付け方ではないような…
もっと奥からしみ出てくる味わい
どうやってつくるんだ??さすがは一子相伝。

ぶどう豆はお土産としても売っていたので買って帰りました

三段重をOPEN

京都の料亭って薄味なのかなというイメージありましたが、結構しっかり味です
でももちろん上品

なんつーか、盛り付けとかは案外素朴
味で勝負できると強いわ。

白味噌椀
甘くて濃厚
白味噌って馴染みがないし、甘ったるそうなイメージでしたが、確かに甘いけど後味はさっぱり
ちょっと白味噌にも興味出てきた。

そしてーお待ちかねのお粥

冬季は葛あんをかけて食べる朝がゆではなく鶉がゆの提供です
中にうずらのそぼろが入っています
優しい口当たりなのにコメの食感はしっかり
心と身体が同時に喜ぶ味です

朝食ですから、見た目に仰々しい感じは全然ありません
でも背筋を伸ばして美しい所作でいただきたいなーと思わせるのは、きちんと丁寧につくられてるのが分かるからかな

とにかく大満足でおご馳走様!
次はやっぱり葛あんのお粥食べたいなぁ

ちなみにお隣が本店
そして…本店のお隣に…

山縣有朋の別荘、無鄰菴

こ、これは以前テレビで観てとにかく憧れて止まない存在となった南禅寺別荘群のひとつでは…??

私が2日目の1番に南禅寺を選んだのも、あのエッセンスを少しでも味わえれば、と思ってたから。
まさか、公開してる別荘があるなんて思っても見なかったので事前リサーチなし。ガイドブックとかにも載ってないしね

こ、これは奇跡の邂逅…。そりゃ、入りますよ

そこは…夢にまで観たあの光景
京都旅行で一番テンション上がった瞬間!
しかも客は私ひとり。この世界を独り占め♫

東山がはっきりと見えます

日本庭園好きの私。今までも各地で色んな庭園を見ましたが、ここが一番気に入りました
↑ なので写真多いよーー

あーこれは、紅葉の時期も素敵なんでしょうけど、テレビで見たときのように雪景色だったら最高でしょうね

洋館も開放されてます
ここは日露戦争の開戦についての話し合いが行われた歴史ある場所(無鄰菴会議)
天井、凝ってるわーー

最後までひとりだったので堪能しました

来てよかったーー♫♫♫

母屋とか、お茶室とか、なんと貸し出しもしてるらしいです。ふとっぱらーー

さらにゆっくりとお抹茶とかいただきたい気持ちもありましたが…お、おう今後の予定が押してしまうー

次は南禅寺〜永観堂〜哲学の道〜銀閣寺!
ひたすら歩け編。です

なかなか進まない旅行記
時間を見てちょこちょこ書いてるんであまりうまく書けてないよなーですが、まだまだ続きます

 

 

 

 

 

関連記事

about me

本州の西の端、山口県下関市で税理士事務所を経営してます、税理士兼ダンサー見習い??の村田鮎子です。詳しくは画像をクリックして自己紹介のページをご覧ください。

2019年7月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031